CS351

5ベイSAS-12G / SATA-6G ホットスワップ対応高性能NASケース

■ ドライブ状態を表示する2階調LED インジケーター付属のホットスワップ対応ドライブベイは、最大5基の3.5” または 2.5” SAS-12G* / SATA-6Gドライブに対応

■ ドライブトレイ盗難防止設計で、機密情報を安全に保護

■ 8基の2.5"ハードディスクドライブおよび最大7基の3.5”ハードディスクドライブに対応**

■ Micro ATXマザーボード& ATX PSU対応

■ 最大368mm (11インチ)までの拡張カードをサポート**

■ フロントI/Oポートの装備:USB Type-C x 1, USB 3.0 x 2, コンボ型オーディオx 1

■ CPU冷却のための十分なスペース(高さ82mm)


ホットスワップ・ドライブベイ
最大5基の3.5”または2.5” SAS-12G / SATA-6Gドライブに対応、ドライブ状態を表示する2つのLEDインジケーター付き
機密情報のセキュリティ
データが最重要である場所では、各ドライブベイに付属する固定ロックにより、盗難や想定外のドライブ取り出しを防止、ユーザー各位に一層の安心感を提供します
優れた収容能力
CS351は、SATAまたはSAS形式の3.5”または2.5”ドライブ、ハイエンドグラフィックスカード、RAIDカード対応を含め、幅広いハードウェアのオプションをユーザーに提供します
フロントI/Oポートの装備:USB Type-C x 1, USB 3.0 x 2, コンボ型オーディオx 1
 

製品仕樣

型番 SST-CS351
材質 プラスチックフロントパネル、亜鉛メッキ鋼板ボディー
マザーボード Micro-ATX, Mini-DTX, Mini-ITX
ドライブベイ 外部 3.5" / 2.5" SAS / SATA hot-swap x 5
内部 3.5" x 2
2.5" (5 ~ 9.5mm) x 1 + 2.5" (15mm) x 7**
HDDインタフェース SATA最大6 Gbit/s (ドライブ速度に依存)
SAS最大6 Gbit/s (ドライブ速度に依存)
HDDバックプレーン上の電源コネクタ 4ピン 周辺x 1, 15ピンSATA電源x1
冷却システム 前面 --
背面 40mm x 3 (オプション)
サイド --
トップ 80mm x 2 (オプション)
底面 --
内部 80mm x 1
拡張スロット 4
フロント I/O ポート USB 3.0 x 2
USB 2.0 x 1
コンボオーディオ x 1
LEDインジケーター ケース 電源LED x 1: 青
HDDアクセス x 1: 青で点灯
HDDトレイ HDD電源LED: 緑
HDDアクセス: 青で点灯
電源 標準PS2(ATX)(オプション)
拡張カード 368mm (14.5”) **
CPUクーラーの限度 82mm
PSUの限度 160mm ***
実重量 5 kg
寸法 265mm (W) x 209mm (H) x 411mm (D), 25.1 リットル

備考
* Mini-SAS HD (SFF8643) ~ SATA 7ピンケーブルは、12 Gbit/s SAS HDカードとの併用で12 Gbit/sの高速性能が実現します。 (即ちSilverStone CPS05 & ECS05)
** 設置可能な2.5” ハードディスクドライブの数は、対応可能な拡張カード長さに影響します。詳細はマニュアルをご参照ください。
*** PSUの最大奥行きは160mmに達しますが、CS351の独特な構造のため、コネクタとの干渉を避けるには奥行きは150mmを超えないようにするようお勧めいたします。

 




  • ダウンロード
  • おすすめ製品
  • 製品 レビユー
  • Q&A


Describe Ver サイズ ダウンロード
CS351 マニュアル V1.0 9,966 KB
CS351 高解像度フォト V1.0 11,662 KB
CS351 Product Sheet V1.0 1166 KB

CPS05 SFF-8643からSATA 7ピン、サイドバンドMini SAS HDケーブル付属 その他...
ECS05 デュアルMini-SAS HD SFF-8643コネクター付きサーバーグレードホストバスアダプタ9311-8i拡張カード その他...
FTF 4010 幅広い種類の応用が可能な高性能タイニーフォームファクターファン その他...
NT06-PRO CPU cooler designed for SFF. その他...
DA850 Gold 80 PLUS Gold 850WフルモジュラーATX電源 その他...
バックプレーンとマザーボードまたはホストコントロールカードの間の接続にはSATAデータ転送ケーブルのみです。このケーブルにはLEDの制御信号は含まれません。それでSATA HDD、SATA電源ピン11の定義はHDDの起動/動作を表示するのに保留されています。NASまたはサーバーケースのHDDバックプレーンはいずれもHDDのインジケーター用では、この仕様となっています。
HDDトレイがこのLEDランプを表示できない場合、HDDがSATA電源ピン11によって動作可能な、予備のLED信号を備えているかどうか、HDDメーカーに確認されるようお勧めいたします。